2013年08月10日

サイレン

-歌[メロ付け]-


*サイレン 作詞/WANAM(1074_52[sk10_448]) 作曲/1074スレ84 メロディ/空白

ウーン ウーン 鳴り響くサイレンが ウーン ウーン 鳴り響く
ウワーン ウワーン 泣き叫ぶ迷子の子 ウワーン ウワーン 過ぎる足音

雑踏に暮れる 町並み 君はいつになれば戻る だろう
愛の消えた世界 人は 誰も ただ過ぎるのか

僕は 待っている 君を待っている
慕情は 闇夜を 過ぎても 終わらない

アーン アーン 惰性に暮れるサイクル アーン アーン 繰り返す
ウォーン ウォーン 鳴り響くサイレンが ウォーン ウォーン 鳴り響く

紅が 永久の 町並み 君の帰りは まだ なのか
愛の消えた世界 人は 誰も 孤独なのか

僕は 待っている 君を待っている
僕は 待っている 月夜に待っている
posted by 空白 at 03:49| Comment(2) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

タイトルなし

-歌-


-DB-

*タイトルなし 作詞/Kg(1067_167) 作曲/規制用10スレ292(1068_48[sk10_292])

夕日が落ちて寂しくてもう一度君に会いたくて
時速1400kmの君と追いかけっこ

夜を飛び越え街を越えもう一度君に会いたくて
時速60kmの僕は一人密かに笑ってる

安っぽいプラスチックをくわえたまま
もう一度もう一度ただもうそれだけ
無駄に輝いた青春の誰か知るわけでもなく
意味のない夜が進む

DJ俺の選曲はほらどんな選曲よりも最強
蘇る色すら懐かしいね
もう一度だけだって言ったってどうにもならないもんだね
今はただ君に会いたいだけ







こっそり
-onコーラス-
posted by 空白 at 23:23| Comment(0) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

聾唖になった少年

-歌-


-原曲-

*聾唖になった少年 作詞/提訴(1041_747[sk9_487]) 作曲/クミ(1045_27-28[sk9_522])

モノクロの狭い部屋の中 少年は蹲る
鏡はとっくのとうに全て 壊した
一人絡ませる指先 少年は堪えきれず
声を張り上げようとも 少年にも聞こえない

言葉のない世界で君に伝えられるだろうか

聾唖になった少年は 人の影におびえたまま
握りしめた掌 零れ落ちたそれを拾い上げず
聾唖になった少年の 最初で最後の願いも
握りしめた掌 零れ落ちたそれは どこかへ

言葉のない世界で君は笑えるのだろうか
言葉のない世界で僕は伝えられるだろうか
言葉のない世界で 言葉のない世界で
言葉のいらない愛情を君に伝えられるように

聾唖になった少年も 一歩だけ踏み出してみる
世界は色づき始める 世界が輝き始める
聾唖になった少年の 最初で最後の願いを
握りしめた掌 もう二度とはなせないように どこにも 離さないように
続きを読む
posted by 空白 at 19:29| Comment(0) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

流星メトロ(+5arrange)

-歌-


-原曲-

-アレンジ-

*流星メトロ 作詞/1031スレ51 作曲/ミナモト(1031_64) アレンジ/KaQ(1041_114[sk9_444])

フリーハンドで空を描く 遠い遠い向こうまで
勘違いは許してよ 本当の空は見えないのだから
不機嫌そうな君のこと ひとつふたつ数えて
すれ違いは当たり前  君と僕の距離は

Nana nana Nana Ah …
開いてく

流星メトロに乗って 綺麗なものだけ見ていたいな
本当は少しだけ 今が変わっていくのを感じてる
光のない道を行こう
もっと早く もっと遠く
posted by 空白 at 23:41| Comment(2) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

スターダスト

-歌-


-DB-

*スターダスト 作詞/つまだ(353_284) 作曲/356スレ79

ここから見える星の明かりはきっと
百年後には海に零れちゃう
それだから僕らが何時まで僕らか
そんな話はしたくないんだ

お互いに離れてゆく
過去未来知らない人に
だけどね僕は必ず
現在(いまの僕で在り続けるから

信じていてよ
言葉にしないで
また百年後と言わずに
今の僕らで 永久を繋ぎたい
確かめ合って
零れあう二人は
もう百年前の僕らで
終わりにしてしまおう
posted by 空白 at 22:33| Comment(0) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

半信半疑[arrange]

-原曲-
-arrange-

-歌-


*半信半疑 作詞/シロ(952_133-134) 作曲/まらいあ(956_29[sk7_639]) アレンジ/oov

慰めることはたやすいご用 複雑な結晶読みとり不能
無関心に手を出して 放任主義もはや甚だしく
世間は振り向いてはくれない

しかめつつ憤りつつ 感じる貴方の熱 感情
上辺の延長上 貴方の立ち位置 測ってる私がいた

裏表返す痛みに 幾年 幾度 振り回されてきた?
もう信用するな 福はうち 日々面倒は避けていきていく、なのに
また繰り返す惨状 連想ゲーム 私の泣き顔が
徐々に歪んでいき しまいには 存在の有無すら 不明確なまま

天使と悪魔のアーギュメント 意図せずあがる軍配さえも
矛盾無視して引きずる 心の痛みの緩和症状
これはいったいどういうこと

希望がもたらす影響力 いとも簡単に響く 愛情
本物偽り それはさておき 半信半疑でも

裏表返す痛みさえ 忘却 深々 響く愛情
無駄な哲学思考 吹っ切れた 己を苦しめてる元凶
受け入れ 歯止めかけるループ いびつな感情 引き裂かれていく
はやく迎えてくれ その愛で 私の存在が 無に還る前に







ヘァッ!
posted by 空白 at 00:15| Comment(0) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

恋敵☆ロンリー精神〜マクドにて

-歌-


-原曲-

*恋敵☆ロンリー精神〜マクドにて 作詞/1004スレ409 作曲/ミナモト

君はいつもまっすぐな瞳を僕に向けてるね ひとみたん
僕すっごく思うんだ たとえば君がマクドの店員だったら
君のスマイルは0円なんかじゃないだろう?って

もっとも僕らの関係は100円マックより安い関係かも知れないね
でもね、それでもいい 僕はあの150円のポテトの一部になって、
君にちゅぱちゅぱされたいんや!

(あぁ・・いいぜぇ・・・マジいいぜぇ・・)

そっと胸に手を置いてこの鼓動を感じてみる
もうドキムネさ!胸がマジドキムネさ!
(草野マサムネもびっくりだぜ) (この鼓動のリズム 狂わせるのさ YOUが)
僕の気持ちは日本海、その領域さえも超・え・る!

そ う さ 、僕 の 君 へ の ラ ヴ は 太 平 洋 よ り も 大 き い ん だ

そんなある日、僕は駅前のマックに訪れている君を見てしまった
あんな男を連れて、君はどうしたというの? ひとみたん
もうね、僕 心臓バクバク だったよ bkbkだよ
あの男だれですか?僕の恋敵? 

加速するロンリー☆精神 マジぱねぇっす 君ビッチ 僕ひとりボッチ







ミナモト氏楽しい
そして若い
posted by 空白 at 01:06| Comment(0) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

farewell

-原曲-

-原曲(歌)-

-歌-


*farewell 作曲/島(546_41) 英作詞/ドンゴッサモ(547_28)

"I don't remember the begenning
  I don't remember the end
   but it's certain that I once loved you

 You told me that you loved me too
  haha... what a lovely words
   but Honey, I know you never did"

When you first called my name
When you said good night
My loneliness faded away
I didn't want anything besaides you

Your smile Your kiss Your lies
Made me strong

Your voice Your love
Your everything made me so weak

I didn't mean it to be end
but I just couldn't stay the same

It's sad but we are no more
I won't cry for you anymore







未投下
posted by 空白 at 02:10| Comment(0) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半信半疑

-原曲-

-歌-


*半信半疑 作詞/シロ(952_133-134) 作曲/まらいあ(956_29[sk7_639])

慰めることはたやすいご用 複雑な結晶読みとり不能
無関心に手を出して 放任主義もはや甚だしく
世間は振り向いてはくれない

しかめつつ憤りつつ 感じる貴方の熱 感情
上辺の延長上 貴方の立ち位置 測ってる私がいた

裏表返す痛みに 幾年 幾度 振り回されてきた?
もう信用するな 福はうち 日々面倒は避けていきていく、なのに
また繰り返す惨状 連想ゲーム 私の泣き顔が
徐々に歪んでいき しまいには 存在の有無すら 不明確なまま

天使と悪魔のアーギュメント 意図せずあがる軍配さえも
矛盾無視して引きずる 心の痛みの緩和症状
これはいったいどういうこと

希望がもたらす影響力 いとも簡単に響く 愛情
本物偽り それはさておき 半信半疑でも

裏表返す痛みさえ 忘却 深々 響く愛情
無駄な哲学思考 吹っ切れた 己を苦しめてる元凶
受け入れ 歯止めかけるループ いびつな感情 引き裂かれていく
はやく迎えてくれ その愛で 私の存在が 無に還る前に







未投下
posted by 空白 at 01:56| Comment(1) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矢絣浪漫(やがすりろまん)

-原曲-

-歌-


*矢絣浪漫(やがすりろまん) 作詞/無楽(603_26) 作曲/月にアゥ(794_33)

座せば華の例えをまとう
古き風と知られた人は
モダンの中 奥ゆかしさを
立ち姿にやつすひとひら

声に出すも恥ずかしい
名前はまるで 紫陽花

舶来の風に惑い 揺れる貴女 黒髪の心忘れず
袖ひるがえし どうか 美しくあれ

立てば月の例えを宿す
旧き良きと呼ばれた人は
凛の面影 ハイカラにして
夜の帳 飾れる光

夢に見るも悩ましい
横顔はそう 十六夜

新しき風に迷い 揺れる貴女 白肌の想い無くさず
袂正して どうか 麗しくあれ

移ろいばかりの中で 残るものは 頬紅が映る夕暮れ
裾を揺らして 永久に かぐわしくあれ







未投下
posted by 空白 at 00:39| Comment(0) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。