2012年04月28日

SDC編曲リレー

第6走者はわたくしです
メンツすごすぎて震えてたけど、とりあえず頑張ったから聴いてよ
ねえ
おねがい!
だから!!
さあ!!!!!
-企画-
-原曲-
-わたくしアレンジ-

-オケ-


*きみがいると 作詞/みつゅ(449_106) 作曲/トドロキ(675_11) アレンジ/空白

きみがいると、
ぼくは なんだか へんになってしまうので

あいたいような
あいたくないような

フクザツなきぶん

きみといると、
ぼくは なんだか ぼくじゃなくなってしまうので

ふれたいような
ふれたくないような

フクザツなきぶん

あいたいような
あいたくないような

フクザツなきぶん







残すところあと一人
最後はあの人
posted by 空白 at 22:48| Comment(0) | 作曲できる奴ちょっとこい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

酔った小鳥

-歌-


*酔った小鳥 作詞/666スレ91-92(666_91-92) 作曲/まだ幼いニワトリ(789_86)

A
夜が怖くなったら 口笛を吹いて
優しい夢に変えてあげましょう
酔って寝ちゃった小鳥を介抱してあげたわ
やきもち妬かないでね
B
あたしの彼は御ハイソな
家庭で育った雪だるま
春になれば溶けちゃって困るわ
冷凍庫に入れとかないと
B
子供の頃のしたいこと
全部きみは叶えてくれた
ある冬のこと歌って泣き出す
溶けたシャーベットみたいに
A
息も白くなったら お手てを繋いで
氷る涙も溶かしてあげましょう
ポッケにそっと詰め込んだ星屑が笑う
願い事叶えてね
C
かじかむ指がきみの頬を撫でて
あたしから奪う体温は何処へやら
ちょっとふざけたつもりで向こう脛を蹴って
あの時はごめんね
B
誰かが引いたソリの跡
辿ってゆけば二人で迷子
引き返すことなんて知らない
戻れないあの冬
A
夜が怖くなったら 口笛を吹いて
優しい夢に変えてあげましょう
酔って寝ちゃった小鳥を介抱してあげたわ
やきもち妬かないでね







難しすぎワロタ
posted by 空白 at 00:13| Comment(2) | 歌ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。